もっとも身近に『絆』を必要としているのは、家族。

家庭の危機や機能不全家族の問題の声が挙がっていても、その実態は広がり、深刻化しています。連日のニュースに心痛みます。

この世にあって、教会こそ、クリスチャンホームこそ、本来の家族の姿を示すことができるのではないでしょうか。しかし、私たちは、聖書的なクリスチャンホームを建て上げることを家族任せにしていたように思います。教会として、励まし合い支え合えるようにと家庭教育部が誕生しました。

兄弟姉妹が置かれている家庭で、地域で、主の力と愛と希望にあふれ、周りの家族に「寄り添いとりなす祝福の基」として用いられることを心から願っています。

 

■ 結婚・クリスチャンホーム建設へ

 ⇒⇒ 結婚を祈っている方の出会いのために。結婚への具体的備えのために。

■ 夫婦

 ⇒⇒ 「伴侶」をよく理解して、ますます素敵なカップルとなりますように。

■ 親子(子育て)

 ⇒⇒ 子育てに不安と悩みはつきもの。子育ての励ましのために。

■ 親子(介護・高齢者への対応)

 ⇒⇒ 高齢化社会にあって、切り離せない課題です。

■ ファミリーミニストリー